コーディネーターのお悩み相談室

働き方が変われば、悩みどころも変わるもの。
ライフシールドのコーディネーター「人材派遣のプロ」がみなさまのお悩みに応えます!

最新記事

現場を離れて10年。ブランクが長すぎて不安です…

私は都内にある病院で働いていましたが、結婚してすぐに妊娠したことをきっかけに退職しました。気が付けば退職して10年…。
子育ても一段落して職場へ復帰したいという思いが芽生えてきました。
しかし、10年近くブランクがある私を、日進月歩の医療業界の中で採用してくれる職場はあるのか?もし採用してもらえてもみなさんに迷惑をかけずに働く事ができるのか不安でお仕事探しに踏み切れません。主人や子供は職場への復帰を後押ししてくれています。
私は、現役の時も注射や点滴は得意ではなく、先輩ナースに厳しき指導されたこともあるくらい不器用です。人に針を刺すという行為自体がとても怖くて何度も訓練をしてやっと慣れてきたという過去もあります。
家族の後押しに応えるためにも復職を実現させたいですが、みなさんはどのようにブランクを乗り越えて復職されているのでしょうか。

短期派遣などで肩慣らしをされている先輩が多くいらっしゃいます!

看護師資格を持っていても結婚や出産で退職してその後、復職していない看護師を潜在看護師と呼びます。その数は、全国でおおよそ50万人以上とも言われています。
この潜在看護師を職場に復帰すれば看護師不足も解消されます。そのため、復職を支援する民間の企業や公的な研修制度など数多くあります。
インターネットや信頼できる先輩ナース、人材紹介会社のコンサルタントに相談し自分にあったセミナー研修を受講し自信を取り戻してから働き始めることをお勧めします。
もちろん、ブランクがっても適応能力のある方でしたら、現場で感覚を取り戻すことも可能でしょう!